成長期に必要な栄養補給

小学5年生の息子の身長は135cm。そうです・・・低い。1年生からサッカーチームに入っていますが、同級生の子達はどんどん身長が伸びているのに息子は置いてけぼり。子どもの成長期は個人によって違うと言うけれど息子だって小学5年生。成長期のはず。そこで成長期に必要な栄養素を調べてみました。必要な栄養素をしっかり知って成長期に必要な栄養補給をしっかり摂らせたいと思います。

 

小学生に成長期に必要な栄養素はタンパク質とカルシウム。

 

タンパク質

タンパク質は人体を構成する主成分です。
皮膚・骨・臓器・筋肉・血液・髪の毛など身体を構成する主成分はタンパク質です。

 

タンパク質を多く含む食材は
牛もも肉・豚もも肉・鶏むね肉・鮭・かつお・牛乳・豆乳・たまご等。
タンパク質は動物性タンパク質と植物性タンパク質があるので、それぞれを組み合わせてバランスよく摂取するようにしたいですね。

 

 

理想は肉→魚→大豆と性質の違うタンパク質をローテーションにすると栄養バランスが整い様々な栄養素を摂取する事ができます。

 

 

カルシウム

 

カルシウムは人体人に最も多く含まれるミネラルであり、骨や歯を形成する栄養素です。カルシウムは骨格を構成する重要な物質。
身長が伸びる=骨が成長する。と言うことなので成長期に必要な栄養素です。

 

カルシウムは乳製品・骨ごと食べる魚・殻を食べるエビ・大豆・葉物等に多く含まれます。
カルシウムを多く含む食材は桜えび・牛乳・しらす干し・いわしのまる干し・油揚げ・しそ等。

 

いくらカルシウムが多く含まれていても桜えびやいわしの丸干しは食べないお子さんの方が多いのではないでしょうか?大切な事は成長期に必要な栄養補給を毎日続ける事。継続する事ですよね。カウルシムが摂れて簡単に継続できるのはやはり牛乳。牛乳はコップ1杯(200ml)で227mgのカルシウムを摂取する事ができます。子どもの成長期に必要な1日のカルシウム摂取量は500mgと言われているので、牛乳をコップ1杯飲むだけで約45%は摂取できます。

 

 

でもね!!もっと美味しく効果的にカルシウムを摂取する事ができます。それはアスミールを牛乳に溶かせて飲む事。アスミールは100mlの牛乳で1日に必要なカルシウムの86%が摂れます。ココア味で美味しくカルシウムを摂ることができます。

 

アスミール

 

実際に息子のサッカーチームの先輩ママさんはお子さんに牛乳にアスミールを溶かせて飲ますようになってから息子さんの身長が伸びたと喜んでいました。

 

アスミール美味しく

 

 

私の息子にも成長期に必要な栄養補給としてアスミールを試してみようと思います。

 

 

 

 

成長期に必要な栄養補給.biz トップ>>>